自家製ヨーグルトを作ってみよう

これからこのブログでさまざまなヨーグルトレシピをご紹介していこうと思っています。

まずはその基本となるプレーンヨーグルトをヨーグルトメーカーを使って作ってみましょう!

 

ヨーグルトメーカーで作る自家製プレーンヨーグルト

【用意するもの】

1.ヨーグルトメーカー(牛乳パックごと発酵させるタイプ)

2.軽量スプーン

【材料】

牛乳・・・・・・・・・・900ml

市販プレーンヨーグルト・100g (種菌として)

【作り方】(牛乳パックで作るプレーンヨーグルト)

1. 軽量スプーンを熱湯消毒する

沸騰させたお湯を入れた容器に数分つけおきするか、沸騰させたお湯を回しかけてください。

※ステンレスのスプーンの場合、ガス台の火に直接あてるだけでも消毒できますよ!

1.牛乳パックの注ぎ口を開き、ヨーグルトを作る分だけ残して、余った牛乳を他の容器に移す。

※牛乳は発酵に適した常温をおすすめします。

※牛乳パックは必ず未開封の新しいものを使用してください。

1.牛乳900mlが入ったパックに、市販のプレーンヨーグルトを100g入れてよく混ぜ合わせ、クリップなどでふたをする。

※ヨーグルトをスターターにするときは、牛乳の10分の1の量を入れてください。

2. 牛乳パックをヨーグルトメーカーに入れ、本体ふたをする。

3. 温度を40℃、タイマーを7~10時間にセットし、スタートボタンを押す。

※種菌の種類にもよりますが、目安は7時間~10時間程度です。

※発酵させすぎると酸っぱくなってしまうので、お好みの味になる発酵時間を見つけましょう!

4.できあがったヨーグルトは早めに冷蔵庫に移して保存しましょう。

作ってみた♪♪コメント♪

常温の牛乳を使用することをおすすめしますが、冷たい牛乳からでもちゃんと作れます。

スターターのヨーグルトはちゃんと測らなくても、大さじスプーン3倍くらいの量で大丈夫ですよ♪

タンパク質2倍!濃厚ギリシャヨーグルトの作り方

関連記事

  1. 生クリームヨーグルト

    濃厚でリッチな味わいの生クリームヨーグルト。あれが自宅で作れたら最高ですね!ヨーグルトメーカ…

  2. 手作り低脂肪ヨーグルト

    ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る場合、必ず「無調整牛乳」を使うようにと書いてあることが多いですが…

  3. ヨーグルトメーカーでつくる♪飲むヨーグルト

    ♪♪ ヨーグルトメーカーで作る「飲むヨーグルト」♪♪みなさまからお問い合せが多かった「飲むヨ…

  4. ヨーグルトになる牛乳とならない牛乳について

    本記事では牛乳からヨーグルトにできる牛乳?の種類を分かりやすくご説明しようと思います。参考に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP