R-1ヨーグルトの作り方

このご時世のせいか、最近最もお問い合わせが多かったのがR-1ヨーグルトの作り方についてでした。

ヨーグルトメーカーでR-1ヨーグルトは作ることができます。

ただし、R-1ヨーグルトの特徴であるEPS(多糖体)は、市販の商品と同等の量は作り出すことができないと考えられます。上記をご考慮の上調理ください。


ヨーグルトメーカーで作る自家製R-1ヨーグルト

【用意するもの】

1.ヨーグルトメーカー(牛乳パックごと発酵させるタイプ)

2.軽量スプーン

【材料】

牛乳・・・・・・・・・・900ml

市販のR-1ヨーグルト 1個(112g)または 飲むタイプ 1本(112ml)

【作り方】

1.軽量スプーンを熱湯消毒する

沸騰させたお湯を入れた容器に数分つけおきするか、沸騰させたお湯を回しかけてください。

※ステンレスのスプーンの場合、ガス台の火に直接あてるだけでも消毒できますよ!

2.牛乳パックの注ぎ口を開き、ヨーグルトを作る分だけ残して、余った牛乳を他の容器に移す。

※牛乳は発酵に適した常温をおすすめします。

※牛乳パックは必ず未開封の新しいものを使用してください。

3.牛乳900mlが入ったパックに、市販のR-1ヨーグルト1個または1本入れてよく混ぜ合わせ、クリップなどでふたをする。

4.牛乳パックをヨーグルトメーカーに入れ、本体ふたをする。

5.温度を通常より高い43℃、時間を8時間ほどに設定し、発酵を開始します。

6.できあがったヨーグルトは早めに冷蔵庫に移して保存しましょう

冷蔵庫で2時間ほど冷やせばヨーグルトがしっかりと固まって、でき上がりです♪